【WCS2018】ギガドリスイッチ

構築経緯

先日行われた第7回SPLオフで4位というなかなかの好成績を残せたギガイアス軸のトリルパを改良していたところ、流行りのゲンガーガオガエンの並びやグロス構築に対してドリュウズが強いと思い、この2匹を軸にスイッチトリパを考えた。
メガ枠としてギガドリと相性が良いボーマンダ、トリル要員としてクレセリアまで確定。
補完としてジャラランガに強く、ガオガエンランドロスといったメジャーな威嚇枠に強そうな水Zレヒレを採用。
5匹はすぐ決まり、最後の枠は色々試してみたが、相手のレヒレがやや重かったためトリルとの相性も良いラランテスを採用した。



個別解説


ギガイアス
性格:ゆうかん
実数値:191-205-150-×-102-27(S個体値0)
努力値:244-252-0-0-12-0
特性:すなおこし
持ち物:じゃくてんほけん
技構成:いわなだれ/じだんだ/ばかぢから/まもる

トリルエース
3ウエポンにしたことで広範囲に対応することができた。ワイガを切ったが、飛んでくる範囲技が地震や濁流なので弱保を発動させる場面が多かった。それ以外でも弱保を発動させる場面は多く、耐久力の高さを感じた。カビゴンモロバレルより遅いためトリル下で好き勝手暴れる(雪崩で怯ませる)事ができた。
色違いが宇宙一かっこよくてアド





ドリュウズ
性格:いじっぱり
実数値:185-205-80-×-86-140
努力値:0-252-0-0-4-252
特性:すなかき
持ち物:きあいのタスキ
技構成:じしん/アイアンヘッド/つるぎのまい/まもる

ギガイアスが鈍足のため1ターン目にS関係で有利に立てる状況が作りやすい。剣舞は自身の攻撃を上げるのはもちろんだが、相手がドリュウズを放置できない状況を作り、裏のトリル展開に繋げる役割もあった。





ボーマンダ
性格:せっかち
実数値:171-155-90-162-100-167
努力値:4-0-0-252-0-252
特性:いかく→スカイスキン
持ち物:ボーマンダナイト
技構成:ハイパーボイス/かえんほうしゃ/すてみタックル/まもる

バンドリマンダで使った個体をギガドリとも相性が良いと思い採用。
特筆すべきところ特になし。




カプ・レヒレ
性格:ひかえめ
実数値:175-×-138-161-150-105
努力値:236-0-20-252-0-0
特性:ミストメイカ
持ち物:ミズZ
技構成:だくりゅう/ムーンフォース/めいそう/まもる

カプ系の中でギガドリマンダと1番相性が良さそうだったので採用。必中高火力が出せるZはかなり強かった。めいそうを積める場面が少なかったが、ないと対テッカグヤが面倒だった。Sはどこまで振るか迷ったが、どうせトリルするならと無振りにした。





クレセリア
性格:おだやか
実数値:224-×-144-95-200-105
努力値:228-0-28-0-252-0
特性:ふゆう
持ち物:ウイのみ
技構成:れいとうビーム/てだすけ/サイドチェンジ/トリックルーム

トリルをする。
構築に威嚇持ちがメガ前マンダのみで猫騙しを持っているポケモンもいないため、耐久特化にした。ガエンが欲しい





ラランテス
性格:ゆうかん
実数値:177-172-110-×-111-45(S個体値0)
努力値:252-252-0-0-4-0
特性:あまのじゃく
持ち物:フィラのみ
技構成:リーフブレード/ばかぢから/はたきおとす/まもる

調整を考えながらとりあえずHAぶっぱしていたら何故かずっとそのままだった。
ギガイアス+ラランテスで†ギガンテス†の並びを作ることでギガイアスラランテスの苦手な炎、飛行を牽制。ギガイアスが呼びがちな威嚇で自身の攻撃力を上げることができる。



基本選出
先発 ギガイアス+ドリュウズ
後発 クレセリア+ボーマンダorカプ・レヒレ

ドリュウズで削ってトリルを展開しギガイアスで詰めるのが理想


戦績
WCSレート瞬間最高1850くらい
JCS予選悲報

おわり